オフィスレイアウトにおける接客スペースの配置

オフィスは単に社員が業務を進めていくための空間というわけではなく、過ごしやすさによって会社の業績事態も左右されてしまいます。

そのため、オフィスレイアウトについてはしっかりと注力して抜かりなく進めていくことが重要になってきます。



しかし、オフィスレイアウトというのは名前の響きがお洒落に感じられるものの、実際は間取りの都合上一筋縄ではいかないものです。

そういった注意点を考慮せずに進めていった場合、居心地が悪くて業務が円滑に進められないという事態に見舞われしまう恐れもあります。

朝日新聞デジタルの情報を得られます。

オフィスレイアウトを構築していく時、多くの方は中心となる作業スペースから考えていくケースが多いのですが、作業スペースから考案していくと失敗しやすいと言われています。



実はオフィスレイアウトにおいて大切だと言われているのは、応接室から配置を検討していくということです。


特に近年増加している立ち上げて間もないIT企業などは多くの企業が打ち合わせのためにオフィスを訪れるのですが、そのような時に入り口から最も離れた場所の接客スペースまで移動すると社員の気が散ってしまいます。近くを通る時は挨拶を交わす必要がありますし、1日に何度もそういったことを繰り返していくと多くの時間が失われてしまいます。

そこで、簡単なミーティングができる場所は出入り口付近やエレベーターホールの近くに設定すべきなのです。こうしたオフィスレイアウトにすると、セキュリティの問題点もクリアにすることができます。