来客者がトイレに行きやすいオフィスレイアウト

オフィスレイアウトを計画する時、現在在籍している社員たちの動きやすさを考慮してイメージされることが一般的ですが、近年では打ち合わせに来られるお客様の事を強く意識していることもあります。

しかも、そういった来客者を意識している場合は口コミでオフィスレイアウトの評判が広がり、本業の調子が良好になるという結果も出ています。



そこで、意識すべきなのはミーティングが行えるスペースには自然光がしっかりと入るようにすべきだという事です。

産経ニュース情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

明るい雰囲気だと資料などが見やすい上に、気持ちも明るくなるのでお話している内容が良い方向に導かれやすいのです。



ただし、間取りの関係上執務スペースもしくは応接スペースのどちらかにしか窓を設けることができないという時は、社員たちのために窓を確保するようにしてください。

また、お客様を意識してオフィスレイアウトを講じる時に大切なのは、トイレや給湯室に行きやすいようにすることです。会議が長くなるほど来客者がトイレに行く可能性は高くなります。

従業員達がディスカッションしていたり、真剣に作業している真横を通過するのは気が引けるので我慢させてしまうことがあります。
そのため、業種によって比較的話し合いが長くなる傾向ならトイレの近くにするというオフィスレイアウトが望ましいです。そして、担当者が目の前で自分のためにコーヒーやお茶を作ってくれている様子を目にするのは落ち着かないので、給湯室は見えないところに設置しましょう。