オフィスレイアウトは生産性や意識・風土に影響します

オフィスのレイアウトでよく見かけるのは、いくつかのデスクを向かい合わせに配置し、そのブロックの一端に横向きにデスクとサイドデスクを置いて、そのレイアウトの島を管理する係長が座り、そうしたいくつかの島から離れた所に、係長の後ろに当たる所に課長や部長のデスクを置くと言うレイアウトがあります。

このオフィスレイアウトは一般社員を側面から係長や課長などが見渡せるレイアウトで、社員に目が届きやすく、また係内で社員の意思疎通が図りやすいと言う点からポピュラーなレイアウトとして採用しているオフィスが多いのでしょう。


しかし、こうした従来通りのオフィスレイアウトには良い面もあれば悪い面もあります。
日本のホワイトカラーの生産性は世界的には低いと言われる中、職種に最適なレイアウトや社風改革に有効なオフィスレイアウトにする事で、少しでも社員のモチベーションを高め、生産性を上げる事を目的に、専門家の意見を取り入れてオフィスレイアウトに工夫を凝らしている企業も増えています。


オフィスのレイアウトを変えるだけで、社風や効率など改善できるのかと思われるかも知れませんが、レイアウトによって一般社員が上司の目を意識する違いが出て来るのを見ても、レイアウトは重要な要素なのです。



創造的な仕事を行う職場では、デスクや椅子のデザインや色によってもアイディアの出方が違って来ると言われます。

快適な暮らしを実現するためのYOMIURI ONLINEに関する詳細はこちらです。

デスクワーク中心の職場の意識改革や風土改革の1つの手法として、専門家の意見を入れてオフィスレイアウトにメスを入れて見る事をお勧めします。